アパレル求人サイトnavi
アパレル求人サイトnavi > アパレル職種別 > 【アパレル業界の仕事】パタンナー

【アパレル業界の仕事】パタンナー

アパレル パタンナーの仕事って?

パタンナー

アパレル業界の職種の一つ、パタンナーについてご紹介します。

デザイナーと並んで服作りに欠かせない職業なんですが、アパレル業界の花形であるデザイナーに比べてやや地味な印象がありますから、この仕事についてよく知らないという方も少なくないかもしれませんね。

パタンナーとは、簡単に言うと洋服やバッグなどを作成する際の型紙を作る職業のことです。服を作るには型紙が必要ですから、デザイナーが考えたデザイン画を元に型紙を作るのがパタンナーの役割となります。

ゼロからデザインを考えるデザイナーに比べ、出来上がったデザイン画を元にパターンを作成するのが仕事のパタンナーは、自分のセンスが表現できなくてつまらない仕事と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし洋服というのは長時間着るものなので、デザイン性だけでなく機能性も重要です。いくらデザインが気に入っても、襟が詰まり過ぎて圧迫感があったり身丈が短すぎてすぐ背中が出てしまうなど着心地が悪い服はお気に入りにはなれないと思います。逆にデザイン性はそこまででも、着心地が非常に良い服だったらヘビロテするしリピ買いすることもあるでしょう。

そのため、洋服の出来はパタンナーの腕次第と言われるくらい、パタンナーは服作りにおいて重要なポジションなんですね。

パタンナーの仕事自体は高い技術が必要な職人の仕事になるのですが、実際に働く上では意外とコミュニケーション能力も必要となります。

なぜかというと、パタンナーはデザイナーの考えているイメージを正確に読み取り、それを形にしなくてはいけないからです。ここが上手くいかないと何度もやり直しになってしまいます。

こうした相手の意図を読み取る力、そしてデザイナーの意見を柔軟に取り入れられる柔軟性も必要となります。

パタンナーになるには

パタンナーには服作りに関する深い知識と高い技術が必要です。そのためパタンナーになるには服飾系の学校で専門知識・スキルを身に付けた後に、アパレル企業にパタンナーとして就職するというのが一般的です。

中途採用の場合はパタンナーとしての実務経験が必要になってくるので、パタンナーとして働いた事がない未経験者だと転職は難しくなります。

ただ、パタンナーに必要な知識や技術はあるものの実際に働いた事はない「実務未経験」の場合は受け入れてくれる会社もあります。ですから服飾系の学校を卒業後就職しなかった方でもこれから就職できる可能性はあります。

パタンナーに関する知識が全くない状態から就職を目指すのはほぼ不可能と考えていいです。最低でもスクールや独学で勉強してからじゃないと無理でしょう。最低限の知識・スキルを身に付けたらアシスタントなどバイトで雇ってくれる所もあるかもしれませんから、そうして経験を積めば就職の可能性は出てきます。

パタンナーとしての実務経験がある方は、転職先も見つけやすいと思います。大体1年~3年程度のパタンナー経験者という条件で募集されている事が多いので、転職するつもりなら最低でも1年は続けましょう。

パタンナー求人を見つけるには

パタンナーのような専門性の高い職業の求人を探す場合、業界専門の転職サイトを利用しましょう。そうした求人は業界専門の人材紹介会社に多く集まるからです。

クリーデンス・ファッショーネはどちらもファッション・アパレル業界専門の転職支援サービスです。そのためパタンナー求人も豊富に扱っています。

逆に言えば、一般的な求人サイトではパタンナー求人はほとんど見つけることができません。ですからパタンナーの求人を探すならアパレル専門の人材紹介会社で探しましょう。

クリーデンスもファッショーネも登録・利用は無料ですから、転職をお考えの際はとりあえず登録しておくことをおすすめします。複数登録もできるので両方のサービスを同時に利用することも可能ですよ。


同ジャンル・関連ページ

ファッションデザイナー

【アパレル業界の仕事】デザイナー