アパレル求人サイトnavi
アパレル求人サイトnavi > 人気ブランド求人 > グッチのアパレル求人を探す

グッチのアパレル求人を探す

グッチの特徴と魅力

外国人女性

GUCCI(グッチ)は日本でも人気の高いラグジュアリーブランドです。

財布やバッグ、時計、アクセサリー、シューズ、ウェア、香水まで様々なアイテムを取り扱っていて、そのデザインはパーティー向けの華やかなものから普段使いできるカジュアルなものまで多種多様です。

グッチはケリンググループの中核をなすブランドです。ケリンググループには他にボッテガ・ヴェネタ、バレンシアガ、サン・ローラン、プーマなどのブランドがあります。

グッチといえばGGマークが印象的ですが、これは創業者グッチオ・グッチのイニシャルで、商品にデザイナーの名前を入れたのはこれが初めてと言われています。このことからグッチはブランドの元祖と言われています。

グッチ製品の中でも財布は根強い人気がありますね。特にキャンバス地で作られたGGキャンバスのデザインはバッグとともに多くの人から支持されています。

グッチの求人を見つけるには

グッチではセールスアソシエイト(販売スタッフ)の新卒採用が行われているようです。また中途採用も行われているので、転職を希望する方は求人を探してみましょう。

グッチのようなアパレルハイブランド求人は人気が高く、また経験者優遇なので、あまり広くは募集されていません。そのためアパレル経験者が豊富なアパレル専門人材紹介会社で探しましょう。

こうしたアパレル専門の転職支援サービスなら、グッチの求人が見つかりやすいです。販売以外に総合職の求人が見つかる事もあります。

ラグジュアリーブランドでは高い接客スキルが要求されるため、中途採用では職歴や経験が重視されます。そのためアパレル未経験でいきなり転職するのは難しいかもしれませんが、未経験OKで募集されることもあるので一応チェックしてみると良いでしょう。

クリーデンスは関東・関西・中部地域を中心に、ファッショーネは関東圏を中心にサービス展開しています。

対象地域にお住まいの方はぜひ登録して相談してみてください。現在募集が無くても、希望を伝えておけば求人が出た際に教えてもらえますよ。

グッチの意外な歴史

グッチは創業者であるグッチオ・グッチが1921年にフィレンツェで鞄店をオープンさせたのが始まりです。

品質の高さと優れたデザインで、グッチは瞬く間に人気高級ブランドとなりました。やがて世界進出を果たしたグッチは、世界的ブランドへと成長を遂げます。

しかし1953年にグッチオが亡くなってからグッチオの息子や甥、孫達の間で徐々に対立が深まり、80年代にはついにお家騒動が勃発。血族間での激しい派閥争いが続きました。

そうした騒動の影響や、また大量生産によるブランドイメージの低下などもあり、グッチは一時期深刻な経営危機に陥ってしまいます。

1994年に天才デザイナー、トム・フォードがクリエイティブディレクターに就任してからグッチの人気は復活、見事復活を遂げましたが、結局グッチ一族は骨肉の争いの末に保有していたグッチの株を手放し、グッチから完全に手を引く事になりました。

グッチにそんなお家騒動があったとはちょっと意外ですよね。しかしそんなブランドヒストリーもグッチの魅力の一つなのかもしれませんね。

ちなみにグッチ一族がブランドから離れる以前に作られた製品(1980年代頃まで)はオールドグッチと呼ばれています。オールドグッチはクラシックで高いデザイン性からコレクターが多く、今でも高い人気があります。


同ジャンル・関連ページ

外国人女性

ルイヴィトンで働きたい