アパレル求人サイトnavi

プラダ求人 転職

プラダの求人

プラダに転職したい、プラダの求人を見つけるには

人気ラグジュアリーブランド【PRADA/プラダ】の求人を見つけるための求人サイト。

伝統と歴史を重視するプラダに対して遊び心に溢れたミュウミュウ、どちらも人気のラグジュアリーブランドとして求人も人気が高いといえます。
プラダジャパン株式会社の求人情報となります。

人気ラグジュアリーブランド、プラダはショップスタッフの求人も人気が高いです。
倍率も高くなることが予想されますから、志望動機など面接準備もしっかりと時間を取って行うことが必要といえます。

プラダの求人を見つけるためのアパレル業界専門の転職エージェントなどについても掲載をしています。

プラダの特徴と魅力

外国人女性

PRADA(プラダ)は日本でも人気のあるラグジュアリーブランドです。

プラダといえば、「ポコノ」と呼ばれるナイロン製のバッグが有名ですね。ナイロンの軽さ・丈夫さでデイリーにも使いやすい仕上がりながら、三角プレートが付いたシンプルなデザインは高級感も醸し出しています。

バッグの他にもシューズやウェア、アクセサリー、サングラスなどを取り扱っています。カジュアルでもフォーマルでも使いやすいプラダ製品は多くの人から愛されています。

miu min(ミュウミュウ)はプラダの姉妹ブランドで、こちらも人気がありますね。ミュウミュウはプラダよりも若い世代向けで、遊び心を感じるかわいいデザインが多いです。

プラダの求人を見つけるには

プラダで働くには、プラダジャパン株式会社からの求人を探しましょう。正社員の中途採用求人も見つかると思います。

といったアパレル業界に強い転職支援サービスで探してみてください。非公開で募集されている可能性もあるので、ぜひ登録して非公開求人も含めて紹介を受けられるようにしておきましょう。

プラダなどラグジュアリーブランドのアパレル求人は人気が高いので、常に情報収集できるようにしておくという点でも転職支援サービスに登録しておくのはおすすめですよ。

在職中の方でも登録できますから、現在別のアパレルブランドで働いている方で「もし求人が出てきたら転職を検討したい」という使い方もできますよ。

英語や中国語を話せる人材は歓迎されますから、語学スキルのある方は積極的にアピールすると良いですね。

プラダに転職したい、求人について

世界のトップブランド、ラグジュアリーブランド「PRADA」はとても人気の高いブランドです。

「プラダ」とブランド名で求人を調べる方法、プラダジャパン株式会社の求人からも探せる場合もあります。

プラダ直営店、プラダアウトレットのストアスタッフ求人が見つかることもあります。
過去には本社スタッフの採用情報も求人サイトに掲載がありましたので、タイミングが良ければ、といったことになります。

プラダの直営店はミュウミュウよりも多いです。
北海道、東京、愛知、京都、大阪、福岡など。
東京、大阪はやはり店舗数が多く、プラダへの転職の機会も多く得られるのではないでしょうか。
プラダは大丸に多く直営店が入っています。

セールススタッフ(販売員)募集に関しても、タイミングによっては応募出来る求人が無い可能性もあります。

プラダに転職したい場合には、先ほどご紹介したようなアパレル業界専門の転職エージェントの活用がおすすめです。

登録をし希望を伝えておくことで今後、プラダ/PRADAの求人が出てきた時に連絡をもらえるように依頼することも可能です。

人気のラグジュアリーブランドは競争率は高いことが多いです。

情報を得やすいようにアパレル転職エージェントをぜひご活用になってみてください。

プラダの歴史

プラダは1913年に創始者であるマリオ・プラダとフラテッリ・プラダの兄弟がミラノで皮革製品店を開業したのが始まりです。世界から珍しい素材や質の高い材料を集めて製品作りをしていて、それが評判となりイタリア王室の御用達となりました。

一代で立派なブランドに成長したプラダですが、その栄光も長くは続きませんでした。

マリオ・プラダが1958年に死去。娘のルイーザ・プラダがブランドを引き継ぐものの、時代の変化とともに人気は徐々に衰退してしまいます。長らく低迷期が続き、プラダは深刻な経営危機に直面します。

しかし、マリオ・プラダの孫娘であるミウッチャ・プラダが1978年に3代目としてオーナー兼デザイナーに就任すると、事態は好転します。

ミウッチャ・プラダは「ポコノ」という工業用防水生地のナイロン素材を使った製品を開発。軽量で耐久性の高いナイロン製のバッグやリュックサックはシンプルながらとても機能的で、たちまち人気となり世界的な大ヒットとなります。

こうして復活を遂げたプラダはシューズやレディースウェア、メンズウェアと次々に展開していきます。1993年にはセカンドラインのミュウミュウを発表。ミュウミュウという名前はミウッチャ・プラダの幼少時代のニックネームが由来となっています。

その後プラダは企業買収にも力を入れていきます。ヘルムート・ラング、ジル・サンダー、フェンディなど有名ブランドの買収(フェンディはLVMHと共同で買収)を次々に行いました。しかし相次ぐ買収によって財政難に陥り、最終的には買収したブランドの株式はほとんど売却しています。

現在のプラダ・グループはプラダとミュウミュウを軸に展開しています。どちらのブランドもミウッチャ・プラダがデザインを手がけ、CEOは夫であるパトリッツィオ・ベルテッリが務めています。