アパレル求人サイトnavi

アパレル総合職とは

アパレルの仕事にはどんなものがある?

アパレル総合職

アパレルの仕事には色々な職種があります。

最も求人数が多いのが販売員です。店頭に立って働くショップスタッフのことですね。

洋服作りに関わるデザイナーやパタンナーという職業もありますね。専門職と言われるこれらの仕事に就くには専門的な知識が必要になってきますから、大学や専門学校で専門知識を学ぶ必要があります。

そしてアパレルの職種には販売職、専門職の他に総合職があります。アパレル総合職とはどんな仕事のことを指しているのでしょうか。

アパレル総合職の種類

アパレル総合職には、

  • バイヤー
  • MD(マーチャンダイザー)
  • VMD(ヴィジュアル・マーチャンダイザー)
  • 商品企画
  • 広告・プレス
  • 営業
  • 事務・経理

などといった様々な仕事があります。

特に人気が高いのはプレスの仕事でしょうか。メディアへの露出も多く、憧れる方が多いですね。いかにもアパレル業界の仕事といった華やかな職です。

しかしプレスの仕事は自社商品を熟知していることはもちろん、アパレルに関する知識、マーケティング知識、語学力が必要ですし、コミュニケーション能力も必須です。

実にたくさんの知識・スキルが必要な仕事な上に競争率も激しいですから、プレスになることはかなり難しいと言えそうです。

人気の総合職はハードルも高い

プレスに限らずアパレル総合職は総じて希望者が多いのですが、総合職や専門職は本社勤務なので、店舗の数だけ人員が必要となる販売職と違って求人数自体が少ないです。

さらに総合職は学歴も重視される傾向にあるため、全体的にハードルが高くなっています。

新卒採用が基本で、中途採用は経験者がほとんど。販売職から抜擢されることもありますがほんの一握りです。

ですから求人数が多く学歴不問、未経験でも比較的採用されやすい販売職とは基本的に別物と考えた方がいいでしょう。

しかし総合職は販売職に比べて給料が良い、一般的なサラリーマンと同じくカレンダー通りの休日(土日祝休み)といったメリットも多いです。

職種によっては出張ばかりで忙しかったり、時期によって休日出勤や残業続きの激務となることもありますが、その分やりがいのある仕事でもあります。

先ほども言ったとおりハードルが高い仕事ではありますが、それでも挑戦したいという方はアパレル業界に強い人材紹介会社に相談したり、アシスタントとしてのスタートを狙ってみてはいかがでしょうか。