アパレル求人サイトnavi
アパレル求人サイトnavi > アパレル総合職 > アパレル総合職への就活

アパレル総合職への就活

アパレル総合職に就職するには

アパレル総合職になるには

アパレルというとまず販売スタッフの仕事を思い浮かべるかと思いますが、アパレルの仕事には販売職以外にも専門職や総合職があります。

デザイナーやパタンナーのような専門職に就く方法は「服飾専門学校で勉強してからアパレル企業のデザイナーとして採用してもらえばいいのかな」と何となく想像できるかもしれませんが、プレスや営業、MD、バイヤーといったアパレル企業の総合職に就くにはどうしたらいいのかよく分からないという方も少なくないのではないでしょうか。

アパレル総合職として働きたいのであれば、専門職と同様にアパレル企業に就職すればいいのです。総合職は専門職と違って最初からアパレルに関する特別な知識は特に求められません。しかし総合的に能力の高い人材を採用しようとするため、学歴で選ばれることが多いですね。

ですから最初からアパレル総合職に就きたいと決めているなら、高校生のうちから高い偏差値の大学を目指し、そこから新卒でアパレル企業に総合職として入社するのが一番の近道となります。

アパレル企業の新卒採用は総合職・専門職・販売職で分けて採用されることが多いです。総合職・専門職で入社した人が研修として数ヶ月間店頭で販売の仕事をすることはありますが、その後は本社勤務となります。一方で販売職として入社した人は基本的にずっと販売職、店舗勤務のままです。

ブランドによっては販売職から総合職へのキャリアパスが用意されている場合もありますが、そうしたブランドは限られています。多くの場合は限られた優秀な人だけが販売職からエリアマネージャーやトレーナーとして本社勤務になれるだけで、あとは店長止まりです。ブランドによっては店舗勤務から本社勤めになるのは不可能という場合もあります。

「アパレル総合職に憧れる、働いてみたいな」とお考えになっている方の中には、アパレル販売職として働き始めたらいずれみんな総合職に出世できると思っている方も少なくないかもしれません。しかし、そもそも販売職と総合職は入口自体が違うのです。

ですから卒業後一旦販売職として正社員就職し、そこから経験を積んで本社勤務へとキャリアアップしようとお考えになっている方もいらっしゃるかもしれませんが、その方法はかなりの遠回りになってしまいますよ。

販売職から本社勤務になりたい

とはいえ学生のうちは接客がしたくて販売職を希望していたけど、実際に働き始めてから将来のことや待遇面から総合職に転身したいと考え始める方も少なくないと思います。

もしくはアパレルショップで働き始めてから初めてエリアマネージャーや広報などの仕事を知って、自分もそういった仕事がしたいと思い始めた方もいらっしゃるでしょう。

そういった場合は販売職から本社勤務になれるよう今の職場で実績を上げていくか、現在の職場で本社勤務になるのは無理そうなら違うブランドに転職をするなどして総合職を目指しましょう。

キャリアアップのための転職を行うなら、販売職から総合職へのキャリアアップが可能かどうかを入社前から確かめておく必要がありますね。その場合はアパレル人材紹介会社を利用して、コンサルタントを通じてブランド側に確かめてもらうのがいいでしょう。

アパレル業界に強い転職支援サービスなら過去の実績からこうした情報を持っている可能性もありますし、もし情報を持っていなくても気になることがあれば企業側に色々と質問をしてくれたりします。

また滅多には見つからないと思いますが、中には販売職の経験しかなくても総合職として中途採用してくれるブランドがあるかもしれません。こうした希少な求人が見つかるかもしれないという意味でもアパレル人材紹介会社はおすすめです。

現在販売スタッフ・店長として店舗勤務をしている方は、これらの方法でアパレル総合職を目指して頑張ってみてくださいね。