アパレル求人サイトnavi
アパレル求人サイトnavi > アパレルの仕事 > アパレル販売から異業種に転職したい

アパレル販売から異業種に転職したい

アパレル以外の仕事に転職したい

スーツ姿の女性

アパレルの仕事はファッション・服好きの人にとっては憧れですし、実際アパレル店員を見て「いいな」と思ったからこの仕事を選んだという方もいらっしゃると思います。

しかし、アパレル販売の仕事は楽しくてやりがいもある反面、大変なことも多いんですよね。仕事面で言えば立ち仕事なので体力的に辛いし、接客ではどんな時も笑顔で対応しなきゃいけないのでストレスも溜まります。

そしてきっとアパレル販売職の人達が最も辛いと思っているのが、金銭面の問題だと思います。給料の安さに加え、毎月の服代が掛かるので金銭的にかなり厳しいんですよね。

中には借金をしている人や、副業で水商売をしているという人も少なくないようです。いくら好きな仕事でも生活出来ないんじゃ続けていくのは難しいです。

それに、アパレル販売の仕事は将来が不安という声も多いです。アパレル販売員は20代がメインで、30代になったら働けなくなるんじゃないかと思っている方も多いようです。

一応30代、40代になっても働き口はありますが、販売職として生き残っていくには年相応のブランドに転職しなくてはいけなくなるでしょう。ずっと同じブランドで、というのは難しいと思います。

こうした事情から、「別の仕事に転職しようかな…」とお考えのアパレル販売員の方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

自分のキャリアに自信が無い

アパレル販売から異業界・異業種に転職しようかと思っている方の多くは、自分のキャリアに自信が無いのではないでしょうか。

同じアパレル販売職に転職するなら問題無くても、今から他の職業に転職するとなると自分に出来るのかな、採用してもらえるのかな、と不安に思う方が多いと思います。

というのも、アパレル販売職は接客、品出し、在庫管理などの業務がメインです。パソコンを使うことはほぼ無く、あったとしても在庫管理システムに数字を入力をするくらいですよね。

また名刺交換や上座・下座など席次に関する知識、お茶出しの際の作法など、アパレル販売員は来客応対や取引先との挨拶・接待などをする機会がほぼ無いため、これらの知識やマナーを身に付ける機会がありません。

そのため、

「今時出来て当たり前のWordやExcelが出来ない…」
「社会人なら誰でも知ってるような一般常識やマナーがわからないから転職するのが怖い」
「アパレル販売はつぶしのきかない仕事なんだ」

と思っている方も多いと思います。

アパレル販売員の強みは?

しかし、アパレル販売職はつぶしのきかない仕事ではありません。実は自分では気付かないだけで、知らず知らずのうちに身に付いているスキルもあるんです。

まず、やはり接客業ということで接客スキルは身に付いていますよね。

初対面であるお客さんに難なく話し掛け、何気ない会話をしつつ相手の要望を汲み取り、その人に最適な商品を提案して買ってもらう。

これって販売員は毎日当たり前に行っていますが、実は誰でもできることではありません。人見知りの人は話し掛けることすらできないし、会話をしても全く盛り上げられません。

販売員の中には元々人と話すのが苦手だったという方もいらっしゃると思いますが、それでは仕事が出来ないので何とか克服されたはずです。仕事を始めてから友達から「なんか明るくなったよね!」と言われたという方も多いのではないでしょうか。

こうして培ってきた会話のスキルは様々な仕事で役に立ちます。会話力は業務以外でも職場の人達と良い関係を築くためにも必要ですから、どんな職場に行っても役立つスキルといっていいのではないでしょうか。

また、接客スキルとも関係してきますが、アパレル販売で働いている人は明るい雰囲気を持っている人が多いです。

職業によって働く人の雰囲気や受ける印象には結構違いがあるものです。例えば営業や美容師なら「話が上手い」、エンジニアなどの技術職は「寡黙」、クリエイティブ系の仕事をしている人は「気まぐれ」など…(あくまで私のイメージですが)

初対面でも「あ、この人営業の仕事しているな」と分かる人っていますよね。アパレルも同じで、アパレルで働いていたと聞くと「やっぱり」と思う人が多い気がします。

例え本来は根暗な性格でも、アパレルで働いてきたのなら初対面の人には明るい印象を与えられるようになっていると思います。なぜなら暗い顔で接客すれば絶対店長に怒られるので、明るく笑顔で接客できるように矯正されているはずだからです。

こうした明るくハキハキしているというのも転職では大きな武器になりますよね。面接では良い印象を与えますし、どんな仕事でも明るくハキハキした人を敬遠する職場はないんじゃないでしょうか。

あと、普段から数字を意識して働いているというのも強みになると思います。

事務職など直接売上に関係しない仕事をしていると、売上を上げようとか、どうしたら売れるのかといった事を考える機会がありません。そのため数字を追い求める事が苦手だったりするんですよね。

毎月毎月売上目標に追われ、結果を出すために日々奮闘してきたアパレル時代の経験は必ず役に立ちます。

アパレル販売経験者におすすめの仕事

このように、アパレル販売の仕事をしていれば意外と様々な能力・スキルが身に付いています。「自分にはアパレルの仕事しか出来ない、何の能力もない」と思っていた方は、自分の強みを再確認しましょう。

こうしたアパレル経験で身に付けた力を活かせる仕事を探すなら、

  • 営業職
  • 販売職
  • サービス業

がオススメです。

一番転職しやすいのは同じ販売職ですが、「もう販売は嫌!」という方も少なくないと思います。そういった方に一番オススメなのは営業の仕事ですね。

営業はアパレル時代に培ったトークスキルをいかんなく発揮できますし、ものを売るという点も共通しています。営業ならではの大変なこともありますが、理不尽な事で怒られたり無茶なクレームを入れられることも多かったであろうアパレル販売職経験者ならストレス耐性もあると思うので、営業の辛さも耐えられるのではないかと思います。

何より営業職はアパレル販売よりも給料が良いです。歩合制の所も多いので一概には言えませんが、それでもがんばり次第で給料アップするというのはやりがいもありますよね。

他にも接客スキルが活かせるサービス業もおすすめです。コンサルタントやホテル関連の仕事など、色々あると思います。

アパレルから事務職に転職できる?

アパレルから違う仕事に転職したいとお考えの方には、事務職を希望しているという方が多いのではないでしょうか。

アパレル販売の辛い所として、

  • 立ち仕事で疲れる
  • シフト制で土日も仕事
  • 早番・遅番で生活が不規則になる

という点がよく挙げられますが、事務職は

  • デスクワーク
  • 土日休み
  • 毎日同じ時間に終わって残業も少ない

という特徴があるため、アパレル販売職から見ると非常に魅力的なんですよね。いつも18時から飲み会に参加できる事務職の友人を羨ましく思っていたという方も少なくないと思います。

ただ、事務職は人気が高いし、PCスキルが何もない自分には無理かな…と諦めている方も多いかもしれません。

確かに事務職は女性から人気が高く、条件によっては非常に倍率が高い求人も多いです。応募条件も「オフィス系ソフトが使える方」「事務経験1年以上」などとされていることが多く、アパレルからの転職は難しいように思えます。

しかしWordやExcelは入門書や参考書がたくさん売っていますし、ネットでもたくさんの情報を得られますから独学で勉強することも十分可能です。それに未経験OKの求人もありますから、必ずしも実務経験がなくてはいけないという訳でもありません。

実際にアパレルから事務職に転職している人もいますから、次は事務の仕事がしたいという方は頑張ってチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

アパレルから違う仕事に転職する方法

アパレル販売から違う仕事に転職する場合、未経験での転職という事になります。その際は未経験可の求人を探して応募する必要があります。

未経験OKの求人は仕事探しをしているとたまに見つかりますが、その割合は決して多くはないでしょう。ですから未経験求人が多く集まる所か、たくさんの求人が集まっている所。で探しましょう

はアパレルから他の職業への転職活動の際におすすめしたい転職支援サービスです。

ハタラクティブ、女子カレッジは20代向けの第二新卒・既卒・フリーター向けの転職支援サービスで、未経験歓迎の求人を中心に扱っています。

自力で未経験求人の情報を集めるのは大変ですから、こうしたサービスを利用することで効率的に情報を集める事が出来ます。

手厚いサポートを受けることができるので、転職活動をするのは初めてという方にもぴったりです。

リクルートエージェントは多くの転職者が利用する定番の転職エージェントで、数多くの転職支援実績を持つリクルートエージェントならではのノウハウを生かした転職サポートが受けられます。非公開求人も豊富です。

こうした転職支援サービスを利用すれば、あなたにぴったりの求人を紹介してもらえます。アパレルから違う仕事に転職したい、と相談すれば、きっと希望に合う求人を見つけてくれるはずです。

キャリアチェンジをするのは色々と不安が伴うものですが、実際にやってみると案外何とかなるものです。今の仕事に対する不満を解消するため、そして将来のために、前向きな転職を検討してみてはいかがでしょうか。