アパレル求人サイトnavi
アパレル求人サイトnavi > ラグジュアリーブランド > ラグジュアリーブランドで働くデメリット

ラグジュアリーブランドで働くデメリット

ラグジュアリーブランドは憧れの存在

ラグジュアリーブランドで働くデメリット

ラグジュアリーブランド(ハイブランド)で働くことを希望されているアパレル販売員の方は多いですね。

最初は国内ブランドで経験を積んで、いずれは外資系ブランドにステップアップしたいとお考えになっている方もいらっしゃるでしょう。

消費者としてはもちろん、アパレル業界で働く方にとっても憧れの存在であるラグジュアリーブランド。アパレル販売員にとって、ラグジュアリーブランドで働くことはステータスになりますよね。

しかし実際に働くとなると良いことばかりではありません。ラグジュアリーブランドで働くことにはデメリットといえるような部分も存在します。

ラグジュアリーブランドで働くメリットとしては

  • 給料が高い
  • 制服支給のショップが多い
  • ステータスになる

などが挙げられますが、逆にラグジュアリーブランドで働くことのデメリットにはどんな点があるのでしょうか。

ラグジュアリーブランドのデメリット

ラグジュアリーブランドに来店するお客さんは富裕層がメインで、こうした人達はショップスタッフにも高いレベルを求めてきます。

ですからラグジュアリーブランドの販売員として働くには、高い接客スキルと経験値は必須です。アパレル業界またはサービス業界で経験を積んできた人じゃないと転職は難しいんですね。この敷居の高さは転職希望者にとってデメリットと言えるのではないでしょうか。

また、ラグジュアリーブランドの販売員は意外と正社員が少ないという実態があります。派遣や契約社員で働く人が多いんですね。

外資系企業で働くという面でのデメリットもあります。外資系企業は実力主義ですから、結果を出すことができれば出世も早いですが、日本企業のように年功序列で能力が低くても年齢とともに出世できるという環境ではありません。

英語力が求められるというのも英語が苦手な方にとっては大きなデメリットなのではないでしょうか。中には英語力が必須ではないブランドもありますが、社内共用語が英語という企業もあります。

また外資系ブランドには日本撤退というリスクもあります。撤退はしなくても業績不振でリストラされることも考えられます。

そしてアパレルでは人間関係に悩まされる方が多いですが、ハイブランドでも同じことが言えます。プライドが高く負けん気の強い人が多いため、顧客の取り合いなどで特にギスギスしやすいかもしれません。

仕事に求めるものは待遇?やりがい?

このように、一見華やかに見えるラグジュアリーブランドの販売員にも大変な面はたくさんあります。中には「前職の国内ブランドの方が断然居心地が良かった…」と思われる方もいるかもしれません。

しかし、高級ブランドで働きたいと考える一番の理由は、やはりブランドに対する憧れだと思います。「どうしてもラグジュアリーブランドの販売員になりたい!」と熱望する人が多いので、いざラグジュアリーブランドで働けることになれば多少の辛さは我慢できるのではないでしょうか。

努力の末入社できた憧れのブランドで働けるということ、自分がブランドの一員として関われることは、なによりのやりがいにつながると思います。

仕事に何を一番求めるか、その人の価値観によって何が一番辛く感じるかというのは変わってくると思いますが、やはり外資系ブランドに憧れるという方はぜひ一度チャレンジしてみていただきたいと思います。