アパレル求人サイトnavi
アパレル求人サイトnavi > ラグジュアリーブランド > ラグジュアリーブランドに就職するには

ラグジュアリーブランドに就職するには

主なラグジュアリーブランド

ラグジュアリーブランドで働く

アパレルブランドの中でも、ラグジュアリーブランドで働いてみたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。

ラグジュアリーブランドといえば

  • ルイ・ヴィトン
  • グッチ
  • エルメス
  • プラダ
  • シャネル
  • クロエ
  • ボッテガ・ヴェネタ
  • ジバンシィ
  • カルティエ
  • ティファニー

などが有名ですね。もちろんこの他にもたくさんあります。

ラグジュアリーブランドの客層

こうした高級ブランドの客層は、20代向けの一般的なアパレルブランドの客層とは大きく異なります。大学生やフリーターがお金を貯めて高級バッグを買いに来ることももちろんありますが、メインとなるターゲット層は富裕層です。

普段から高級レストラン、高級ホテルを利用する彼らは質の高いサービスを受けることに慣れているため、高級ブランドで買い物する際にも同じように質の高いサービスを求めます。

コツコツお金を貯めてやっとお目当てのバッグを買いに来るような人は、多少販売員の印象が悪くてもバッグは購入すると思います。あくまでもバッグを手に入れるのが目的だからです。

しかし、セレブ層の人達は接客・おもてなしも買い物の目的の一つです。バッグを手に入れる事だけが目的ではないので、気持ちの良い買い物が出来なければ簡単に別のブランドに行ってしまいます。

そのかわり相手のニーズに合わせた心地良い接客をして信頼関係を築くことができれば、新商品を入荷する度にポンポンお買い上げしてくれるような素晴らしいお得意様になってくれます。

このようにラグジュアリーブランドでは通常のアパレルブランド以上に接客がとても重要になってきますから、ラグジュアリーブランドの販売員になるには高い接客スキル・経験が求められます。

ラグジュアリーブランドに採用される条件は?

高い接客スキル・経験を求めている事から、ラグジュアリーブランドでは未経験者の採用はまず行っていません。アパレル販売経験、またはそれと同等の経験のある人の中途採用がメインとなります。

しかもアパレル経験なら何でもいいという訳でもなく、カジュアルブランドで1年働いていた程度の経験では採用を勝ち取るのは難しいです。

ラグジュアリーブランドで採用される人は、大抵アパレル業界内で数回の転職を経験しています。転職の度にステップアップして高級ブランドに近づいているんですね。

ちなみに、ステップアップの過程にアパレル以外の勤務先を挟む人もいます。要はハイブランドで働くのにふさわしい接客スキルを身に付けるのが目的ですから、扱う商品は洋服じゃなくてもいいんです。

高級なインテリアや食器を扱う店での経験でもいいですし、高級ホテルでの勤務経験も良いスキルアップになるでしょう。あとはCAやホステスなどの経験もセレブ相手の仕事なので高評価を受けることもあるようです。

とはいえラグジュアリーブランドを目指すために転職するなら、とりあえずアパレル販売の仕事のなかでブランドを変えてスキルアップしていくのが一番無難ではあると思います。

ただし転職の際は同じようなブランドばかり選んでも意味がありません。今よりレベルアップできるブランドを選ぶのが重要です。

商品の価格帯を上げていけばその分客層もハイブランドに近づきますから、転職先を探す時にはそこを意識するといいでしょう。

あとはブランドのターゲット層の年齢を上げていくことも大切です。10代後半~20代前半の若者向けのブランドばかりで働いていても接客スキルは上がっていきません。

30代向け~40代以降のミドル層向けのブランドになると客層は一気に変わりますから、いい経験が積めると思いますよ。

ラグジュアリーブランドの求人の見つけ方

ラグジュアリーブランドの求人は一般的な求人サイトやハローワークで掲載されることはあまりなく、一定のスキルを持った人だけを紹介してもらえるアパレル専門の人材紹介会社に求人を出している事が多いです。

などアパレル求人を豊富に扱う人材紹介会社に登録してラグジュアリーブランドで働きたいという希望を伝えておけば、条件に合った案件を紹介してもらえます。

たとえラグジュアリーブランドに応募するだけの経験が足りないという場合でも、どんな経験・スキルを身に付ければいいのかアドバイスをもらえると思いますし、もし条件が緩くて経験の浅い人でも応募できそうな求人が出てこればすぐに教えてもらえるでしょう。

また、ラグジュアリーブランドは派遣社員の募集もあります。派遣の場合もアパレルに特化した派遣会社で探してみてください。

正社員は高いスキルを要求されますが派遣や契約社員の求人だと意外と経験が浅くても採用してくれるケースもありますから、人材紹介会社を利用してこうした情報を逃さないようにしたいですね。

ラグジュアリーブランドの販売員は多くのアパレル販売員が憧れるポジションのため簡単にはなれないかもしれませんが、それでも働いてみたいという方は一度アパレル専門の転職支援サービス・派遣会社に相談に行ってみてくださいね。