アパレル求人サイトnavi
アパレル求人サイトnavi > ラグジュアリーブランド > ラグジュアリーブランドで働くメリット

ラグジュアリーブランドで働くメリット

ラグジュアリーブランドのどんなところに憧れる?

ラグジュアリーブランドで働くメリット

数あるアパレルブランドの中でも、ラグジュアリーブランド(ハイブランド)は別格ですよね。現在アパレル販売員として働いている方の中にも、いつかはラグジュアリーブランドで働いてみたいと希望している方も少なくないでしょう。

しかしラグジュアリーブランドの華やかなイメージに何となく憧れているだけで、待遇や仕事内容などの具体的なことはよくわかっていないという方も多いのではないでしょうか。

ラグジュアリーブランドはブランドイメージが良いというだけでなく、単純に販売員の職場として考えても一般的なブランドとは違う良さがあります。

ラグジュアリーブランドで働くことのメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

ラグジュアリーブランドのメリット

まずラグジュアリーブランドは他のアパレルブランドに比べて高給与なことが多いです。中には年収1,000万円という販売員もいるようです。

もちろん全員がこんなにもらっていることはありませんが、それでもアパレル全体で見ると平均年収は高めです。基本給の他にインセンティブがもらえるというのが大きいですね。

日本のアパレルブランドの販売員だと店長クラスでも年収500万円までいくのは難しいですから、頑張り次第で給料が上がるラグジュアリーブランドであれば大幅な年収アップも叶うかもしれません。

次に、ブランドにもよりますが休日数が多め・有給も取りやすいといったメリットがあります。仕事柄やはり土日休みを頻繁に取るのは難しいですが、まとまった休みはとれるという声もあります。

また、ラグジュアリーブランドでは勤務中に着る服を制服として支給される場合が多いので、新作が出るたびに新しい服を購入する必要がある国内ブランドに比べて自己負担額が少なくて済むというメリットもあります。

ただし髪型やメイク、ネイルなどの身だしなみはかなり気を使わなくてはいけないので、そういった部分には国内ブランド同様、あるいはそれ以上にお金を掛ける必要があります。

外資系企業で働くということ

給料のことも含め、ラグジュアリーブランドで働くメリットの多くは外資系企業で働くことのメリットとも言えます。

他業界でも外資系企業は人気がありますよね。それだけ外資系企業に対してメリットを感じている人が多いという事なのかもしれません。

例えば残業に対する考え方も日本と違うため、日本企業に比べて残業が少ない職場が多いです。残業が少ないというよりは「残業を良しとしない」といった方が正しいですが、それでも無駄にダラダラ残業させられるよりは良いのではないでしょうか。

またブランドによっては海外勤務の可能性もあるでしょうから、いつかは外国で働いてみたいとお考えの方にとってはこの点もメリットになるでしょう。

しかし、外資系企業で働くと仕事の進め方や考え方など、様々な面で日本の企業との違いに戸惑うシーンも出てくるかもしれません。このあたりは注意が必要ですね。

ラグジュアリーブランドの販売員は人気が高い上求められるスキルも高いため、簡単には採用されないかもしれません。しかし働くメリットも多いので機会があればぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ラグジュアリーブランド求人を見つける方法

ラグジュアリーブランドの求人はあまり広く公開されていません。ですから求人検索をかけてもなかなかヒットしないことが多いです。

ラグジュアリーブランドの求人を見つけるには、アパレル専門の人材紹介会社を利用しましょう。

クリーデンスやファッショーネはアパレル業界に特化した転職支援サービスです。アパレル業界の求人を豊富に扱っていて、ラグジュアリーブランド求人も見つかります。

人気のブランドは非公開で求人をかけていることがありますが、転職支援サービスに登録すればそうした非公開求人も紹介を受けられるようになります。

またラグジュアリーブランドは経験者採用が多いため、未経験での正社員転職は難しいです。そのため様々なアパレルブランドで経験を積んでからラグジュアリーブランドを目指す方が多いのですが、アパレル転職支援サービスならそうした経験を積むための転職も支援してくれますよ。

登録料や利用料は掛かりませんから、求人探しの際は気軽に登録してみてくださいね。