アパレル求人サイトnavi
アパレル求人サイトnavi > アパレル求人 > アパレル VMD転職、VMD求人

アパレル VMD転職、VMD求人

アパレル VMD転職、VMD求人に関して

アパレル業界にも様々な職種がありますが、VMDとして転職を希望されている方、VMD求人を中心に情報収集をしたいという方も多いのではないでしょうか。

VMD(ビジュアル・マーチャンダイザー)はショップの装飾や商品レイアウトなどを担当。人気の職種といって良いでしょう。

アパレル販売員からのステップアップとして、VMDを目指している方も多いのではないでしょうか。

ゆくゆくは本社勤務のVMDになりたい。
とは思っても、未経験から目指すには本社勤務VMDはハードルが高いです。

そのため、まずは店舗VMDを目指す方も多いでしょう。
店舗VMDとして経験を積むことで、他の店舗のVMD求人に応募をしやすくなります。

非公開求人も多い仕事です。

アパレル業界でVMD求人の情報を得るには、アパレル業界専門の転職エージェントの活用がおすすめです。

VMD求人、VMD転職情報を得るためのアパレル転職エージェント

アパレル転職エージェント
VMDの求人や転職情報を得る方法としては、やはり業界の多くの企業の情報を持つアパレル業界専門の転職エージェントを利用する方法がオススメです。

個人では情報が得にくい非公開求人も含めて、多くのアパレル企業のVMD求人の情報を探してもらうことが出来ます。

クリーデンス

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンスはアパレル転職では業界トップクラスの求人数、実績を誇ります。

クリーデンスには大手アパレル、ファストファッション、セレクトショップ、ラグジュアリーブランドまで2,800を超えるアパレル企業が求人を掲載、人材採用を行っています。

専門性の高い、今回のようなVMDに関しても本社VMD求人、店舗VMD求人と探すことが可能です。

タイミング的に、今すぐに紹介可能なVMD求人が無い場合でも、求人が出てきたら連絡をもらうといったことも相談可能です。

VMDなどの専門性の高いアパレル求人の場合には、待ちながらといった場合も多いかもしれませんね。

希望の職種の求人が見つかる可能性が高いのはクリーデンスのような規模の大きな、アパレル求人数の多い転職エージェントといえます。

クリーデンスでは経験者の正社員転職に強いアパレル業界専門の転職エージェントです。

⇒ クリーデンス 公式ページはこちら

iDA(アイ・ディ・アクセス)

iDA(アイ・ディ・アクセス)

iDA(アイディ アクセス)は、アパレル・ファッション・コスメ分野の求人に特化した求人サイトです。

アパレル求人も様々な職種を取り扱っています。

例えば、どういった職種で求人を探せるかというと、

デザイナー
パタンナー
MD・バイヤー
VMD・プレス・販促
営業(リテール・卸)
生産管理・物流
WEB・エンジニア
その他オフィス職
SV・エリアマネージャー
トレーナー店長・副店長
販売

などから希望の職種で探すことが出来ます。

idaはスタッフさん向けに様々な研修を行っています。

その中の一つに「VMD講座」があり、ファッション業界のVMD担当として働きたい方だけでなく、ファッション業界で既に働いている販売職や営業職の方にも役立つ研修となっています。

VMD求人探しには、idaもぜひご活用になってみてください。

⇒ iDA(アイ・ディ・アクセス) 公式ページはこちら

スタッフブリッジ

スタッフブリッジ

アパレル派遣、転職支援の中でもトップクラスの求人数を持つのがスタッフブリッジです。

全国のアパレル求人に対応しています。

「VMD/プレス/販促」の求人として探すことが出来ます。

スタッフブリッジはどちらかというと、派遣に強いといえますので、正社員・契約社員でのVMDなどへの転職の場合には、上記でご紹介しましたがクリーデンスやidaも活用をおすすめします。

⇒ スタッフブリッジ 公式ページはこちら

本社VMDを目指す前に、まずは店舗VMDになることを目指す

アパレル販売員
ブランドにもよりますが、本社VMDになるためにはまずは店舗VMDを経験してから、といった既定のコースがある場合は多いです。

店舗VMDを今働いているブランドで目指す場合にも、当然、その後の本社VMDも希望としてあると思います。

キャリアに興味を持った時点で、上司や先輩などから情報収集をしてみて、可能なキャリアパスかどうかは確認されると良いでしょう。

本社VMDは店舗VMDからの引き上げはほとんど無く、中途採用が基本。
他ブランド経験者が転職してくるケースが多い場合には、転職を目指して経験を積むといった方針を早めに決めることも重要になります。

店舗VMDであれば、販売スタッフから見込みのある人材が抜擢されて、といったケースは意外と多くのブランドで見られます。

数年、店舗VMDとして経験を積み、実績を重ねることが出来れば他のブランドへのVMD転職もしやすくなります。

2年以上のVMD経験があると、評価してもらいやすくなるようです。

本社VMDと店舗VMDについて

アパレルブランドの多くは、本社VMDと店舗VMDがいます。

店舗数が多い場合には、本社VMDだけでは大変です。
そのため、店舗VMDも採用される事になります。

店舗VMDの求人が出る事もありますが、多いのはその店舗の販売員の中でディスプレイが得意な人が抜擢されるというケースです。

店舗VMDとして経験を積むことで、転職もしやすくなりますし本社VMDとして異動する可能性もあります。

VMDになる、という目標をお持ちの方にとってはまずは店舗VMDになる道が一般的といえそうです。

未経験からVMD転職は難しい?

VMDは人気のある職種で、未経験からVMDに転職を希望されている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、基本的には転職の場合にはVMDは即戦力が求められていることが多いです。

未経験者を採用して育てよう、といったブランドはほとんど見られません。

まずは店舗VMDを目指し、経験を積んでから転職を検討したり本社VMDとしての異動を希望するなどのキャリアプランを考えると良さそうです。

本社VMDが難しい場合に、他のブランドのVMDとして転職といったケースが多くなります。

店舗VMD求人を得るには

店舗VMD求人に関しても、先ほどご紹介したような、

⇒ クリーデンス

などで探すことが出来ます。

ただし、VMD求人は本社も店舗も求人数が少なく希少となります。

非公開求人も多い職種となりますので、アパレル転職エージェントを複数活用するなどして、情報を逃さないようにされることも検討してみてください。