アパレル求人サイトnavi
アパレル求人サイトnavi > アパレル派遣 > アパレル派遣の顔合わせについて

アパレル派遣の顔合わせについて

派遣は面接が無いんじゃないの?

派遣の顔合わせ

派遣社員は正社員やアルバイトのように企業と面接して採用・不採用を決められることはありません。なぜなら派遣では面接をして登録者を選考することは法律で禁止されているからです。

しかし現実問題として、顔も見たことがない人といきなり一緒に働くのは不安ですよね。特に企業側としてはどんな人が来るのか事前に知りたいと思うものです。

そのため、派遣の現場では「顔合わせ」「職場見学」という名の実質的には面接のような行為が行われています。

面接による選考は禁止されていますが、選考目的ではない面談は禁止されていません。よって多くの場合事前の顔合わせが行われ、そこで企業の担当者と会って話をすることになります。

あくまで面接ではないので、

  • 派遣会社の人も同席している
  • 履歴書の提出はない
  • 氏名、年齢、家族構成、学歴など個人情報に関する質問はされない

といったように通常の面接の内容とは異なります。

ただ履歴書はスキルシートという形で提出したり、世間話を装って通常の面接と変わらないような質問をされるというのが実情です。名前や学歴に関しても相手から質問してこなくても、自己紹介としてこちらから言うのが慣例となっています。

このように建前では「派遣では面接による選考行為は禁止」とされていても、実際には顔合わせという名目で面接に近い行為が行われているんです。

面接をする目的は応募者を選考する事ですよね。つまり顔合わせの場は実質的に選考の場となってしまっていて、という事は当然顔合わせによって不採用になるという事態も起きてくるという事なんです。

社内選考に通ってもいつも顔合わせで落ちてしまうという方も多いのではないでしょうか。

アパレル派遣の顔合わせで落ちる原因

アパレル派遣の顔合わせの後に断られてしまう原因にはどんな事があるのでしょうか。

スキル・経験が希望条件と合致していない

本当は経験者が欲しいのに未経験だった、本当は英語が話せる人を求めていたなど、企業側が求める能力を持っていなければ不採用になる可能性が高いです。

ブランドイメージと合っていない

アパレルの場合販売員として働くにはブランドイメージと合っているかどうかが重要になります。あまりにもイメージとかけ離れた人材だとお断りされてしまいます。

既存のスタッフと馴染めなさそう

職場の人達とウマが合わなさそう、輪を乱しそうと判断された場合、それが原因で不採用になる場合もあります。職場の人間関係は重要ですから、採用担当者はそうした点もしっかりチェックします。

見た目採用されている

アパレル販売の仕事は見た目も重要ですから、ブランドによってはビジュアルが原因で落とされてしまうこともあると思います。ただ美人かどうかという基準だけではなく、服の着こなしや髪型、メイクなど全体の雰囲気で判断されることも多いので、努力次第で採用を勝ち取ることは十分に可能だと思います。

暗い・コミュニケーション能力不足

会ってみて初めて分かる事ってありますよね。話し方や印象など、実際に面談してみて「うちのショップで働くにはちょっと…」と思われてしまえばお断りされてしまいます。アパレル販売は接客業ですから明るくはきはきとした態度で挑むのは基本です。

他の派遣会社の人に決まった

他の派遣会社から紹介された人の方がより条件にマッチしていたとか、タイミング的な問題で他の人に決まってしまうこともあります。

こうして顔合わせで落とされる理由を見てみると、正社員面接で落とされる理由とそこまで違いはありませんね。

やはり一番は企業側が求める人物像とマッチしていないというのが原因でしょう。スキル不足の方は経験を積むことが大切ですし、人柄で落とされていると感じたなら話し方や身だしなみを見直す必要があるでしょう。

あとは派遣会社の担当者と話して、何がいけなかったのか反省点を見つけ出して次に活かすことも大切です。派遣会社や派遣先企業の都合で不採用になったのならしょうがないですが、自分自身に問題があったなら改善しなくてはいけません。

顔合わせだけじゃない!社内選考で落ちることも

このように派遣だからといって紹介を受けたら必ずしも働けるとは限らず、時には不採用になってしまうこともあるんです。

初めて派遣で働くという方は「派遣で断られることなんてあるの!?」とびっくりされるかもしれませんが、そこまで珍しい話でもなく、残念ながらよくある事なんですよね。

派遣ならスキルも人柄も関係ないから簡単に仕事を紹介してもらえる、とは考えず、顔合わせの際は面接と同じくしっかりと対策を練り、気合を入れて臨みましょう。

ちなみに派遣では企業に紹介する前に社内選考がありますから、まずはここを突破しなければなりません。

基本的にはスキルが高い人や派遣先企業の希望条件にマッチした人であれば通りやすいですが、スキル以外の事が原因でなかなか社内選考を通らなくなるケースもあります。

例えば普段からコーディネーターに横柄な態度を取っていたり、約束の時間に遅刻してくる、やる気が感じられないなど、態度に問題がある場合はなかなか仕事を紹介してもらえなくなります。そんな人を企業に派遣したくないですからね。

また、以前に契約期間の最中に辞めてしまった、途中で契約解除してしまった場合にもしばらく紹介を受けられなくなる可能性があります。どんな事情があれ派遣期間中に辞めるというのは派遣会社・派遣先企業のどちらにも多大な迷惑が掛かります。一度そうした事態を起こしてしまうと信用が失われ、社内選考は通りにくくなってしまいます。

ですから顔合わせの時だけでなく、普段からきちんとした対応をすることが大切ですね。派遣会社の人と上手く信頼関係を築くことができれば心強いパートナーとなりますから、そのためにはこちらも誠意ある対応を心掛けましょう。

アパレルに強い派遣会社

アパレル派遣の仕事をお探しなら、アパレルに強い派遣会社を利用するのがオススメです。

アパレル業界の仕事を専門に扱う派遣会社なら紹介実績が豊富ですから、企業がどんな人材を求めているのか、どんな人が採用されやすいのかといった情報も持っています。

それに有名アパレルブランドや人気のラグジュアリーブランドなどの仕事も扱っていますから、選択肢が広く希望条件に合った仕事が見つかりやすいです。希望のブランドがあればぜひ伝えてみましょう。